兼城昌瑛さんが奨励会に合格されました

 8月19日から3日間、関東・関西の将棋会館で「新進棋士奨励会」(以下、奨励会)入会試験が行われ、沖縄県から兼城昌瑛さん(かねしろ・しょうえい、寄宮中2年)が6級で合格を決めました。おめでとうございます! 沖縄県から2年ぶり5人目の奨励会員となります。

 幼稚園から将棋を始め、豊田塾宜野湾将棋道場に通って勉強を重ね、学生全国大会や一般の大会でも上位入賞するまでになったのは県内将棋関係者にはよく知られているところです。

 兼城さんは「合格を当面の目標にしていた。最終目標はプロになること。(村田顕弘六段)師匠のような棋士になりたい」と決意を語りました。

 指導の面から兼城さんを見てきた県内強豪の禰保拓也さんは、「奨励会合格本当におめでとうございます。諦めずに努力してチャレンジを続けた結果だと思います。位置的にはスタートラインですが、ここに立つまでに自分で実行してきた過程を自信にして、これからも頑張ってください」と話していました。

沖縄初のプロ棋士を目指してがんばってください!

 【那覇・宜野湾】那覇市立寄宮中2年の兼城昌瑛さん(14)が、関西将棋会館で開かれた将棋プロ棋士養成機関「奨励会」の入会試験で合格を果たした。奨励会はプロへの登…
www.okinawatimes.co.jp
 【大阪】19日から21日まで、大阪府の関西将棋会館で日本将棋連盟のプロ棋士養成機関「新進棋士奨励会」の入会試験が行われ、那覇市の兼城昌瑛さん(寄宮中2年)が合…
ryukyushimpo.jp